就活頑張っているのに、なかなか内定が取れない人から度々質問をもらいます。
努力が報われないことへの無念さと、自分のどこがまずいのか分からないという苦しみも書かれていて、
読むにつれてこちらもつらい気持ちになりました。
長い間、面接官としてやって来た経験から、内定の得られる学生とそうでない学生は分かります。
かなりの確率で。
アドバイスをしたいと思うのですが、難しいのは一人一人解決の仕方が違うことです。
残念ながら一人一人にじっくりコンサルティングする時間も場所もないので、皆に共通して参考になりそう
なことをまとめてみました。

目指すは、面接に合格できる自分になること。

はっきりと自覚してもらえるように、少々誇張して書きましたので、その分割り引いて読んで下さい。


                                             内定ASSIST  Sig





面接に通るために必要なものは、つぎの5つである。

 
1.話の材料が適切、豊富であること

 
2.話す力があること

 
3.仕事に意欲を持っていること

 
4.人への対応能力があること

 5.不快感を与えない容姿と好感の持てる態度



これだけ備わっていたら絶対受かります。
逆に、これらの中のどれか一つでも欠けたとき、「あの学生は〜に問題がある」と評価されるか、
面接自体がしっくり行かない
ことになります。

では、この5つの必要条件を順番に見て行こうと思いますが、皆さんが私の言うことを理解していただく
だけでは何も変わりません。
問題は自分にどう当てはめて、自分のやり方を作れるかです。

そのためには、自分で自分の殻を破ることが必要です。
今まで通りの自分の常識でやっていたのでは、何もかわりませんよ。

自分を理想的な人間に作り変えろと言っているのではありません。
自分らしさをうまく出して行くことが目的です。

面接という限られた時間の中で、相手に自分を正確に理解してもらえるようにする手法を身につける
ということです。
『内定GETへの途』に投稿している内定者が口々に、自分らしさをありのまま出せたことが内定を得ら
れた理由と言っています。

示唆に富んだ言葉です。



                             



1.話の材料が適切、豊富であること

話の材料についての解説は、いまさらと思うので、注意点のみにします。

クラブ活動、アルバイト、海外旅行が話のネタとしてダメなわけじゃない。これ以外の話のほうが新鮮味
はあるが、無理に作ってはならない。誇張はまあほどほどに。
自分らしさを表現できる話題が面接官からみれば一番いいんだけれど、学生は実績や能力を示せる
ことを言いたがる。
そして、最後に「〜ということを学びました」という教訓を得て、いかに有意義だったかという締めくくり。

カッコよすぎませんか。何かをしてもいつもそんな意義のあることばかりじゃないでしょう。
こんな話を面接官は信じません。無理やり意義付けをしなくていいんですよ。

自分らしいなあと思えるエピソードをもっと素直に話しましょう。

ただ、話の材料は豊富な方がいいけれど、自分のこの部分をアピールしたいというところで繋がるように
ストーリーを作ることは必要です。

また、相手の会社に敬意を払って、会社が抱える現在ならびに近未来の課題は絶対調べておくこと。
聞かれないかもしれないけれど、聞かれた時、答えられるかどうかで評価に大差がつきます。





2.話す力があること

もっと話す能力を高めたいという人がすごく多かった。
皆話す能力の不足を感じているみたいですね。
面接で問われている「話す力」はコミュニケーションを行なうにあたっての基本的なやりとりができる能力
です。対話の能力です。
雄弁さやテクニックのことではありません。

話す力を付けるには、トレーニングしかないと思います。
失敗を気にせず、実践を繰り返すのみ。
出来れば、面接官と同じ年齢層の人と話をしたい。
まずは手っ取り早く、お父さんや親戚の叔父さん、アルバイト先の上司などと政治やビジネス、会社などの
話を本気でしてみることです。


トレーニングにあたって、次の点を意識してください。

・言うことを整理して話をする。まず結論を言ってから、話すクセをつける。

・話題の取捨選択をする。この対話で何が大事なことで、何が不要なことかを考え、不要なことは
 切り捨てる。


・相手の欲求を探る。相手の欲求に答える形で、対話を切り出す。


いずれも考えてからしゃべるということになります。
これが身につけばコミュニケーションはバッチリです。あとは敬語とマナーぐらいか。






3.仕事に意欲を持っていること

面接する方とされる方のギャップが大きいのはこれです。
面接を受ける学生は皆意欲満々です。
でも、その意欲とは会社に入りたい、受かりたいという意欲で、入社後の仕事への意欲はあまり感じません。
ないわけじゃないだろうけれど。
もちろん、会社の期待しているのは仕事への意欲です。

熱意が無駄にならないように、ここは入社後の仕事への姿勢、打ち込むようす、入社後のビジョンが
面接官によく見えるよう
に答えるべきです。
入ってみないと分からない。入ったら一生懸命やります、では適性も判断しようがありません。

そもそも入社後に、その会社で待っている仕事を自分なりに具体的にイメージできなければ、仕事への
興味も意欲も湧かないんじゃないですか。
インターネットで簡単に調べられると安心していませんか。
確かに個々の会社の情報はあふれているけれど、仕事の中身はインターネットじゃなかなか探れません。
自分で接触するという方法がやはり唯一の方法です。会社訪問、OBOG訪問、社員への接触、インターンシップ・・・。





4.人との対応能力があること

ビジネスの世界でなくとも日常的な対人折衝で、きちんとしたやりとりが出来るかです。
初対面の人との接し方や問合せ、依頼や受付の場面においてスムーズに目的を達成することができるかなどです。

いつの場合も友人感覚ではダメです。 
基本的なマナーが身についており、臨機応変な柔軟性も要求されます。

人との対応能力を上げるために意識して行うことは、

・挨拶をする。自分から声をかける。

・積極的に言葉を交わす。人の話に合わす。

・相手に心を開く。相づちを打つ。

・相手の立場に立って、相手の望んでいることからまず先に。


こんな風にやっていれば自然と人との対応能力も付いてきます。





5.不快感を与えない容姿と好感の持てる態度


不快感を与えない容姿

服装やヘヤースタイルなどの外見については、私はあんまり気にしない方でしたが、それでも我慢の限界を超える
学生がいて、即刻アウトにしました。
総立ちの髪の毛、茶髪、Tシャツ君、ピアス君・・・。

会社に媚びず自分流を押えたくないと言ってましたが、その我を通そうとする態度をみて、組織に受け入れることを
躊躇するのは私だけではないでしょう。
会社に入ってしまうと、意外と服装もオープンな会社も増えてきました。
大手企業の研究施設を見てもカラーヘヤーは市民権を得ています。
でも、採用試験の時だけは、まだダメです。
少し辛抱すればいいだけですから。


好感の持てる態度

  ・真剣

  ・誠実

  ・謙虚


この5番目の容姿と態度については、第一印象を形づくる要素として面接開始早々に評価されるものです。
第一印象というと、見た目と批判されるかもしれませんが、面接官の経験による統計上での類推(いわゆるカン)
で、面接官は自分の判断に自信を持っています。
面接官の判断を覆すことは難しいので、ここは面接官にマイナスイメージを持たれるような容姿や態度はやめた
方がいいということになります。


第一印象でいいイメージができると、かなり長くまであとあとの選考に有利に影響します。第一印象は大事にして
ください。



                              



おまけ


緊張して頭の中が真っ白になってしまった。
声が小さくて、アピールする力が弱くなってしまう。 etc.

との悩みも多くありました。
これを打破するのは、
腹式呼吸法しかありません。

スポーツマンや音楽家が用いる腹式呼吸法は、気分を安定させたり血圧を下げるなどの効果があって、
ストレスに強くなれるということが広く認められています。


面接直前の控え室で、また面接中でも、ぜひやってみてください。
私も色んな時に、気持ちを落ち着かせる目的で使っております。



  腹式呼吸法

呼吸と神経系統には強い関係があります。
イライラしたり緊張したりしている時、呼吸は浅い胸式呼吸
で、自律神経が働いて血圧が上がったり
呼吸数が増えたりします。
気持ちが落着いているときは、呼吸も深くゆっくりと行われ腹式呼吸に近くなっています。

つまり、意識して腹式呼吸を行うことで自律神経のバランスをとって、精神を安定させ、ストレスに
対する抵抗力を付けることができるというわけです。


 やり方

 1.背筋を伸ばして、おへその辺りに
   意識を集中します。


 2.おなかを引っ込めながら、鼻から
   息を全部はき出します。


 3.息をはき終えたら、おなかの力を           
   ゆるめます。


 4.鼻から息を自然に入れて、ゆっくり
   おなかをふくらしていきます。


            5.再び、息をはき出します。

これの何度かの繰り返しです。


はく時間を吸う時間の倍くらいかけて、なめらかに行うようにすることがコツです。