履歴書においても、面接においても、志望動機が一番重要視されます。それは、採用する側の「なぜ、当社へ入りたいのか」「なぜ、その仕事をやってみたいのか」という問への答だからです。
人事から見れば、志望動機がハッキリしている人は、目的意識を持っている人であり、積極的な仕事への取組みが期待できる人に映ります。逆に、志望動機があいまいだと意欲が感じられず、取りあえず内定をもらいに来ているだけなのか、と勘ぐられてしまいます。
志望動機を考えていく過程では、常に目的の会社の人事担当者のこの「なぜ」という問を意識する必要があります。

さて、志望動機の組み立てを始めましょう。
志望動機を組み立てるには、自己PRができ上がっていることが前提になります。なぜなら、下の図のように自己PRと志望企業、志望職務の理解を結びつけて志望動機を作り上げなければいけないからです。

そもそも入社試験の目的は、会社にとって役に立つ人物をセレクトすることです。会社にとって役に立つ人物かどうかの見極めは、募集している職務に適しているか、社員としての力量・人間性は十分かを判断することでしょう。人事担当者は、限られた接触時間の中で、受験者の適否を判断していかねばなりません。

指示待ちではいけません。相手の意図を察して聞かれる前に自分から、募集職務に自分のどこが適していると思うのか、自分はどのような能力・性格で、どのようなキャリアを積んで行こうと思っているのか、明確に訴えていこうではありませんか。
職務と自分との相性をアピールすることが志望動機の基本だということがお分かりですね。

 会社の業務内容
 会社の業績、動向
 会社の最近の話題・ニュース
 会社を取り巻く環境
 会社の政策・制度
 会社の重点施策など
 会社の社会的評価
 人材活用、育成
 社風、人間関係

 
 業界の特徴は
 業界の動向は
 業界の最近の話題・ニュース
 業界を取り巻く環境
 
上の表のそれぞれの「なぜ」の【チェック項目】について、まず志望企業の調査、研究を行います。就職部の資料やインターネットからの情報だけでなく、その会社の社内をぜひ見ておくことをお奨めします。本社でなくても、出先の部署や営業活動を見るのも大変参考になると思います。
つまり、このチェック項目は会社案内にかかれていることを転記するのではなく、自分が感じた会社の様子を書くことが必要だからです。
そして、チェック項目に対応する【自分とのつながり】を書いていきますが、この時の答えは自己PRの自己能力特性配置図から導き出してください。
この自分用の【チェック項目】と【自分とのつながり】の相関図は保存して行ってください。1社受験するごとに1枚ずつできてくることになります。
これを続けるうちに、自分の能力、特性と業種、会社、職務と関連が自分でよく分かって来ると思います。迷いの無い就活を送れるとともに、志望先へのアピールも自信を持って行なえることでしょう。
志望動機の訴え方
志望動機を組み立てるポイント
              〜面接官の「なぜ」に順番に答えていこう〜
なぜ、この業界
なぜ、この会社
 
 業界との関わり
 業界への関心
 業界への理解・知識
 業界に対する見方、意見
 

 会社との関わり
 会社(業務)への関心
 業務への理解・知識
 商品への関心・知識
 関心ある会社の施策
 評価できる会社の施策
 評価できる人材活用策
 設備、環境への評価
 共感できる社風

 【チェック項目】
 【自分とのつながり】

 職務経験
 職務への理解、知識
 職務遂行のための能力
 保有資格、スキル
 やりがい、自己成長
 専攻、専門との適性
 性格との相性
 知力、体力
 
なぜ、この職務

 職務の内容
 全体業務での位置
 職務上必要な能力
 資格、スキル
 仕事の性質
 職場環境
 人間関係