面接がうまく行かないという学生たちと時間を取って話をして
います。

たくさんの会社を受けているし、一生懸命なのは分かるのですが・・・。
ハッキリ言わしてもらうと、みんなまだまだ甘いなぁというのが感想です。
 

これでは、面接官とのトークバトルに早々敗退もしかたがないと思います。
 

甘さの原因は客観的な判断ができていないこと
自分自身を客観的に見ることは難しいことですが、できている人もあります。
グループで就活に臨んでいる学生たちは、さすがにできている人が多い。
やっぱり他人に見てもらうことは重要です。

客観的な判断ができていないということは、自分自身の評価・分析もできて
いないし、相手の会社が求めているものも捉えられていない。
結局自分のことも仕事のことも自分の都合の良いように解釈してしまい勝ち
です。

例えば、SEを志望しているという学生がいるとします。
SEという仕事の中身は分かっていますか、と尋ねると分かっていると答え
ます。
では、受験する会社のSEはどんな特徴があると思うか、そんなSEにはど
んな人が向くと思うか、また自分の性格のどんなところがそれに適している
と思うかと訊いていくと、きちんと説明できる人は本当に少ないです。

これは志望動機そのものです。面接官が一番知りたい、一番評価のウェイト
をおくポイントです。
それがこれではなぁと、がっかりさせられることが多いのです。

 
皆、志望動機はできているかと訊くと、できていると言います。
志望動機を言ってくださいと言うと、スラスラ答えてくれます。
でも少し突っ込むと上の通りで、ガタガタになってしまう。

甘いんですね。
自分の納得だけで作り上げられている志望動機がどれほど多いことか。

志望動機とは相手の会社&やりたい仕事自分とを結びつける架け橋
ようなものです。
橋の向こう側は相手の会社の自分がやれそうだと思う仕事に架かり、こち
ら側はそれをやれる根拠となる自分の資質や能力に架かっています。
両端がきちんと地についているかが決め手です。
そうでなければ、少し揺らされるとあっという間に崩れてしまいます。



この「面接対策講座」では、
を解説しています。

今の自分に何が足りないのかを考えながら読んでいただければ幸いです。