志望動機の組み立てが甘いと言いました。
それは、面接官の納得を得られるだけの根拠に乏しいという意味です。
志望動機を軽んじているとは思わないけれど、皆さんの中には

  ”人柄を気に入ってもらえれば、内定に直結”

と信じている人が結構多い。あなたも、そうじゃありませんか。

人柄を面接官が買ってくれた場合は、最終面接まで残れることも多い
かもしれない。けれど、最終面接で落とされることも多い。
好人物であっても、会社の役に立つかどうかが最終的な判断基準とい
うことを忘れてはいけません。
「面接官には気に入ってもらってたのに、なぜ?」となるわけです。

こんな失敗を味わないために、志望動機を明確にして入社後の姿を
面接官に分からせる
ことが絶対必要なのです。


                     
志望動機を聞く時の面接官の頭の中にある
のは、その学生を募集職務に配属した姿。
そこで素直に能力が発揮できるか、周りの
人との連係はうまくいくかなどを検証したり、
どんなタイプの社員になるかを想像したりと
いうことでしょう。

面接官は、具体的な配属場所、その仕事
内容、職務に必要な能力、望ましい資質
・性格などが頭に入っているから目の前
に座っている学生の適性を判断できる

です。
学生のどこどこをチェックすれば良いのか
も明白です。


では、学生も同じだけの情報が頭に入っていれば、自分に何が求めら
れているのかを認識できるし、自分の能力・資質のどの部分を訴えれ
ば効果があるかも分かるはずです。
 
そのためには、面接官と同じだけの情報は無理としても、応募する職
務について自分なりにできるだけ情報を収集し、具体的なイメージ
を描けていることが必要
です。
つまり企業研究(仕事研究)がどれほどできているかということにかか
ってきます。


企業研究の注意点を述べます。
受験する企業の情報と応募する職務の情報が豊富に正確に頭に入って
いるなら、面接官との情報の共有ははかられることになり、ピントのあっ
た説得力のある志望動機を訴えることができます。





では、志望動機構築のプロセスを説明します。
例えば、ある会社の営業職に応募する場合。
いろいろな会社で営業職の募集はあるけれど、その会社の営業職の特徴
をつかんでおかないと意味がありません。

”専門店・量販店へのルート営業である。新製品の発売サイクルは短く商品
知識の吸収は日々必要。販売店教育、ディスプレィ、セール支援など積極
的に係わっていく姿勢が大事。アドバイスや提案力が求められる。”

といった具合に。(本当はもっと詳しい分析が必要ですが・・・)


それから、この仕事を遂行するためには、どんな能力や知識、資質が必要
で、どんな性格が向いているのかを考えてみる。

”固定化された得意先に信頼が得れる誠実さ、責任感。相談相手になれる
だけの情報提供と提案能力が必要。新しい知識の吸収のためには商品へ
の強い関心を持ち続けることと向上心がいる。押しの強さよりも相手の立場
になって共に考え、説得できる柔軟性の方が必要。”



最後に、それらは自分自身のどの部分と結ぶつくのかを検討して、どう訴え
ていくのかを考えながら志望動機の骨子を組み立てます。

”○○部、ゼミ、地域ボランティアのいずれでも私は代表者に推されます。
人に対して誠実に接し、自分に与えられた仕事には責任を全うする気持ち
が人の信頼を得るには大事であると思って実践してきた。
この会社の扱う○○にはたいへん興味があり、購入前にはカタログや雑誌
で徹底的に調査して自分なりの評価を下せる位の知識を持てた。その後も
新製品の情報は欠かさず追うほどのマニアになってしまった。
人と協調していくタイプであり、意見が食い違った時も相手の意見を聞いて
から自分の意見との共存を探っていくことを第一にしている。”


簡単な例ですが、これを骨子に、履歴書やエントリーシートには文章化して
まとめ、面接ではエピソードを加えてストーリー化を図ればOKです。