履歴書 書き方
相手に訴える効果を考える。
真面目に書かれた履歴書をバカにするわけではありませんが、学歴や資格、趣味、特技などの羅列だけに終始している履歴書を眺めていると会ってみたいと思う気には中々なりません。
自分の情報をただ正確に伝えるだけでは相手は注目してくれません。
よほど魅力ある能力や資格、エピソードなどが書かれているなら別ですが、そうでない場合は訴求効果を考えて履歴書を書く必要があります。
インパクトのあることを書くことが必要な場合もあります。特異な趣味や経験など。ただし面接ではそこから突っ込まれることは当然準備しなくてはなりませんが。
履歴書を面接を受ける際のことまで考えて書かねば、ほんとうの武器にはなりません。面接で聞いて欲しいポイントに面接官の注目を得るように書くこと。また、聞かれたくないことは当然ながら書かないこと。