OB・OG訪問 リクルーター
リクルーターへはどんな姿勢で接すればよいのか
リクルーターは大学の先輩とはいっても会社の人間です。会社と人事のミッションを帯びて学生に接していることは忘れるべきではありません。
ただし、リクルーター=人事という図式で割り切ることもできないことも事実です。人事から見ると、リクルーターは出身大学のひいきもあるし、学生に対する好き嫌いもあったり、評価も甘いという感覚を持っています。リクルーターが上げて来た学生評価が人事面接では覆されることも大変多いからです。
リクルーター面接というのは個人感情が大変入りやすいものだと思ってください。つまり、気に入られれば有利ということが言えると思います。なれなれしくならない程度にフランクに、むしろ会社が望んでいる能力や資質などを積極的に聞き出すいい機会と思ってください。
自分のセールスポイント、やりたいこと、能力などは明確に伝えること。
好感を持った学生の情報は、本人の言うままに人事に報告される可能性大だからです。