面接 方法
面接ではいつも極度に緊張するが、対策はないだろうか。
面接官も学生が緊張することは望んでいません。正しい評価ができにくくなるから。
面接官からみた緊張の原因は次のようなところです。

@答えの準備不足。少し突っ込んだ話になると、答えられない。聞かれることを恐れるあまりの緊張。

A自分の答えしか頭にない。本人ばかりがしゃべる。対話にならない。自分がしゃべれないことを恐れるあまりの緊張。

Bマイナス思考。面接を悲観的に考えすぎ。選別される、落とされるためにあるという意識からの緊張。

C面接官に対して過剰な防衛反応が働く。面接官に評価されることに意識過剰になり防衛本能が働いての緊張。

話がうまい下手などはそれほど関係しません。自分のことをよく分かっている人、自分の将来について深く考えている人は自然と落ち着きを感じます。少し話してみると分かります。準備がまだまだ足りない人が絶対的に多いことは間違いありません。
面接を気楽にというと難しいでしょうが、評価を気にする前に対話を弾ませる努力も必要です。面接官のことを自分を入社させてくれることができる人ぐらいに考えて、信頼を寄せてみればいいかもしれません。