面接 やりとり
面接が1分間で終ってしまったが、ほんとにあれで判定できるのか
セミナー後の1次面接など応募者の多い面接では、1分とか30秒とかの極端に短い面接がしばしば報告されている。
あれで面接官は学生を評価できるのか。第一印象のイメージだけで決めているんじゃないかといぶかしむ声もあるようです。

荒っぽいことは事実であるけれど、会社からみれば第一次の選別はこれでできると考えているからやっているのです。通常の時間をかけてする面接の場合においても、開始早々不合格の判定ができることも多い。
一言もしゃべらなくても、この学生は我社には合わないと判断できる場合だって少なくない。
席に着くまでの態度、表情、目の動きなどに、社会や仕事に対する姿勢を感じることができるので。

面接官から見て、自社に向かないタイプ、社風に馴染まない人は簡単に見つけられるものです。
そのような人を除くことを主眼に行なうのであれば1分面接も、面接効率を優先したい場合にはやむを得ないものだといえます。