面接 やりとり
面接の終りによく「何か,質問はありませんか」と聞かれることが多いが、どんな意味があるのか。
多数の学生を相手にする面接で、一人一人の質問に答えるのはずいぶん効率の悪いことは事実です。
ではなぜ、面接官は律儀にも質問の機会を与えてくれるのかというと。
まず素直に考えると、セミナーや会社案内、ホームページなどでは会社の実態はなかなか伝えきれていないという認識が面接官にはあって、会社をもっと理解できるようにしたいからという理由。
ただし、会社なり職務なりの理解を本当に深めるような質問であって欲しいし、2つも3つも質問されるとうんざりするのも事実です。
また、多くの人事担当者が採用見込みのない相手には質問の機会を敢えて与えないと言っています。
さて、隠された面接官の意図は何か。以下述べることはあなたが今後受ける面接の場面で100%当たっているとは言えないでしょうが、面接官の意図するものを理解していただければ良いでしょう。

@質問も面接の続きである。質問の内容で、面接で会話してきた内容をどの程度理解しているかを検証できる場合がある。質問に面接官が答えながら更に対話が続くことも多い。少しリラックスしてもう少し面接で評価できなかった部分を確認したいという場合もあります。

A質問は意欲がよく表われます。本当に働いて頑張りたいと思う人は、入社後の仕事への期待や不安が正直に出てきます。逆に受かることだけを考えている人は、理屈っぽい質問や第三者的な見方の質問が多いと言えます。

B仕事のセンスを計ることもできます。理解度ということもありますが、積極参加する姿勢がよく表われます。遠慮して質問をしないのでないなら、ここで質問すらないという人は、将来指示待ち人間になる可能性が大です。