自己PR・志望動機 題材
自己PRで「アルバイト」「短期留学」「サークル活動」はマンネリか
「アルバイト」「短期留学」「サークル活動」を題材に自己PRをする学生が多いことは事実。
面接官から見れば、またかという感じは否めない。

この題材が平凡なのは、やろうと思えば誰でもできることだから。面接では、それをいかにも大そうに意義有りげに話しても、面接官の頭の中には元々そんな努力も意志も要るもんじゃないという気持ちがあります。
厳しい競争に他者との差別化を目指すためには、その題材を使うのならよほど内容のあるものでないと通用しないでしょう。

アルバイトで色んな人と接して人間関係の勉強ができました。1ヶ月半のホームスティでアメリカのスケールの大きさ、偉大さを学びました。サークル活動で仲間との和の大切さを学びました。・・・・
当り前のことです。100人の学生が同じ経験をすれば、99人が同じ感想を持つでしょう。