自己分析 方法
自己分析の具体的なやり方とは。
自分の過去の経験、エピソード、どんなことに関心を持ち、どんなこだわりを持ってきたのか、等々の洗い出しは時間がかかるし、しんどい作業です。
かなりの数を出さないと分析の作業ができません。この点は覚悟してください。
でも、この洗い出しや分析の作業をすること自体が、自己認識にとって大変貴重な経験となって、就活の色々な場面できっと役に立つと思います。

自分の過去の経験、エピソード等々の洗い出しについては、後からの分析(分類)に便利なように、カード式(内定どっとCOME「自己PRのツボ」参照)やパソコンの表計算(EXCELなど)を使った方法をお奨めします。

基本的な方法は、

  @過去の経験から自分の考え方・関心・能力などを洗い出す。
               ↓
  Aその中から、特性、法則性、方向性を導き出す。
               ↓
  B自分の特性、適性、望んでいることをまとめる。