自己分析 方法
自己分析をする場合、何を気をつければ良いか。
自己分析に関する本やインターネットで解説されている方法はそれぞれやり方が違うし、只でさえ面倒なのにどうすればいいのと戸惑っている人も多いでしょう。
「自己分析の目的」にも書いたように、「自己分析の目的は、自分がどういう特性を持った人間で、どんなことを望んでいるかを客観的に認識すること」です。せっかくするんですから価値のある結果を得るためには、最低限次の点に気を遣うべきでしょう。

 @自分の特性に関するデータはかなりの数が必要。
   様々な角度からのデータが揃わないと自己分析の作業が進まない。

 A自分らしさを素直に表現すること。意図的に作り上げない。

 B客観性を持たせることが大切。

最終的には、第三者に説明してどう伝わるかということを検証することが必要です。
決して、マニュアル本通りのやり方に固執することはありません。内定を勝ち得た多くの先輩は自分なりのやり方を考案し実行して来たんですから。