企業研究 目的
企業研究の有無は面接に影響するか
面接官は、本当にやりたいことを持っている人間とそうでない人間を容易に見分けることができます。
本当にやりたいことを持っている人間は、”就社”ではなく”就職”に向かいます。人生の目的は「会社という組織に所属する」ことではなく、会社という「場」を利用して自分のやりたいことを実現することにあるはずだから。

だから自己PRや志望動機からどんな仕事をやりたいと思っているのか、どんなビジョンを持っているのかを見極めようとする。ところが一般に学生は会社の規模や売上高などは熱心に調べるものの、肝心の自分がやる「仕事」をイメージできていない場合が多い。
一生を左右する仕事を決めようというのに、その仕事を実際にやっている人に会ったことすらない。それで志望動機だけは立派なことを書いても、そんな学生はまったく信用されない。
本当にその仕事に人生の一時期をかけようと考えているなら、その仕事の実像を真剣に調べないはずはないのだから。